2016年10月の記事

【競輪】重光啓代選手がラストラン7着

平塚競輪場で開催されたFIシリーズは本日最終日を迎えました。
中盤の5Rではガールズケイリンの一般戦が行われ、102期の重光啓代選手が現役最後のレースに臨み7着になりました。

10月29日から31日までナイター競走で開催された平塚競輪(FI)「オリオンビールカップ」。
最終日となったこの日の5RA級ガールズ一般で重光啓代選手が競輪選手人生で最後の戦いに挑みました。

出走表通りの7車立てで争われた同レースは重光啓代選手は2番車で登場。
早めに動いてジャンから先頭に出ました。
ここから先行体勢に入りましたが、残り1周のホームで3番越田恵美子選手に主導権を奪われると、そのままズルズルと最後方まで後退。
そこから見せ場なくラストランは最下位の7着に敗れました。

重光啓代選手は2012年7月に京王閣競輪場でデビュー。
同年8月に同じ京王閣競輪場で初勝利を上げました。
2014年4月には前橋競輪場で初優勝を達成しました。
通算成績は307戦15勝、優勝は1回でした。
2016/10/31 (Mon) 21:12:19 | カテゴリー:競輪 | コメント(2) | page top

【競馬】チャーミングガールが346kgで出走

本日の新潟競馬5Rに8枠15番で出走したチャーミングガールが346kgの馬体重でレースに出ました。

ダートの1200m戦で争われたこの日の新潟競馬5Rメイクデビュー新潟。
小柄な馬体が多い2歳馬の中でも一際小さい競走馬が登場しました。

15頭立てで行われた同レースで大外枠の8枠15番で森裕太朗騎手とのコンビで出走となったチャーミングガール。
その馬体重はなんと346kg。
500kgを超える馬体重の競走馬がいる中、メンバー中唯一の300kg台の馬体重でもちろんメンバー中最軽量の馬体重での出走となりました。

なおレースでは最低人気となる単勝15番人気に支持され最下位の15着に敗れました。
2016/10/30 (Sun) 20:52:24 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】小芦るり華選手が今期3本目のフライング

児島競艇場で開催中の一般戦は本日シリーズの3日目を迎えました。
中盤の8Rでは予選競走が行われ6号艇で出走した小芦るり華選手がフライング。
今期3本目のフライングでF3となりました。

10月27日から11月1日まで6日間シリーズで争われる児島競艇「児島ガァ〜コピア開設5周年記念競走」。
シリーズ3日目となったこの日、118期の小芦るり華選手にとって競艇人生で最悪の日を迎えました。

昨日のシリーズ2日目にフライングを切り今期F2となった小芦るり華選手は本日シリーズ3日目の8Rに6号艇で登場しました。
レースでは艇番通りの大外6コースから進入しましたが、まさかのトップタイミングでスタート。
すぐにスタート審議中となり.03のスリットオーバーでフライングのため返還欠場となりました。

小芦るり華選手はこれが今期3本目のフライング。
F3となってしまいました。
2016/10/29 (Sat) 20:55:48 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競馬】ドラマ「やまとなでしこ」で同馬名 ラッキーダン登録抹消

2000年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「やまとなでしこ」に登場した競走馬と同馬名のラッキーダンがJRAの競走馬登録を抹消されました。
登録抹消日は2016年10月26日付。

2016年10月23日新潟競馬6R3歳上500万下で最下位の15着に敗れたのが最後のレースになりました。
通算成績は25戦1勝。

ラッキーダンは2014年8月に札幌競馬場でデビュー。
14頭立ての単勝8番人気に支持され11着でした。
その後おしい競馬もありましたがなかなか勝つまでには至らず約1年間未勝利戦を転々としました。
しかしデビューからちょうど1年となる2015年8月の札幌競馬でついに1着となり初勝利を上げました。
その後は目立った成績を残していませんでした。

ラッキーダンはデビューした当時、松嶋菜々子さん主演の大人気テレビドラマ「やまとなでしこ」で恋人役の堤真一さんが競馬場のシーンで予想した競走馬と同じ馬名ということで一部で話題を集めました。
2016/10/27 (Thu) 21:02:58 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】江夏満選手が11連勝で完全優勝

芦屋競艇場で開催された一般戦は本日シリーズの最終日を迎えました。
12Rでは優勝戦が行われ1号艇で出走した江夏満選手がインから逃げて1着。
土付かずの11連勝で完全優勝を達成しました。

10月22日から27日まで6日間シリーズで争われた芦屋競艇「住信SBIネット銀行賞」。
SGの裏開催で江夏満選手がその鬱憤を晴らしました。

同シリーズに初日から出場していた江夏満選手はシリーズ4日目までの予選を8連勝のオール1着で突破。
迎えた昨日5日目の前半の一般戦と後半の準優勝戦も共に1着で最終日の優勝戦に駒を進めました。
そして本日の優勝戦でも1コースからしっかりと逃げて1着。
初日から負けなしの11連勝としパーフェクトVを達成しました。
2016/10/27 (Thu) 20:39:28 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ