2017年08月の記事

【競輪】小野俊之選手がS級復帰後初1着

本日の広島競輪8Rは5番車で出走した小野俊之選手が最後の直線で抜け出して1着になりました。
小野選手はこれが先月S級に復帰してから初めての勝利となりました。

昨日8月30日に開幕しこの日シリーズの2日目を迎えた広島競輪(FI)「サテライト山陽カップ」。
2004年の賞金王小野俊之選手がついに本気を出しました。

S級の一般競走となった8Rは出走表通りの8選手が出走。
小野俊之選手は5番車で登場しました。

レースは九州ラインの先頭を任された2番松岡孝高選手が残り2周のホームで誘導を切って前に出てジャンから発進。
5番小野俊之選手はこの番手をしっかりとキープして追走しました。
残り1周のホームで3番小川祐司選手に主導権を奪われましたが、後方で4選手が落車するアクシデントなどもあり九州ラインが番手にはまる好展開となりました。
バックで3番手となった5番小野俊之選手は4コーナー手前で前の仕掛けに合わせて踏むと、最後の直線で中を強襲。
往年の走りを彷彿とさせる追い込みで1着となりました。

小野俊之選手は今年7月にS級に復帰して以来これが初めての勝利となりました。
2017/08/31 (Thu) 21:05:47 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競艇】ピットアウトで遅れた西山貴浩選手 何事もなかったかのように艇番通りの2コースから進入

本日の芦屋競艇12Rで2号艇で出走した西山貴浩選手がピットアウトで遅れながらも何事もなかったかのように艇番通りの2コースから進入しました。

8月25日に開幕しこの日シリーズの最終日を迎えた芦屋競艇「BOATBoyカップ」。
最終の12R優勝戦で西山貴浩選手が悠然とコースを奪取しました。

シリーズを締めくくる一戦となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
昨日の準優勝戦できっちりと1着となり勝ち上がった西山貴浩選手は2号艇で登場しました。

レースはピットアウトから大波乱の様相。
人気対抗格に推された2号艇西山貴浩選手が1艇だけ大きく立ち遅れてしまいました。
しかしそこは数々の修羅場をくぐり抜けてきた2号艇西山貴浩選手。
定石通りに大外にボートを出すことはせずバック側に入って1号艇水摩敦選手と3号艇金田諭選手の間にすーっと入り込みました。
外の艇が内に動きを見せたため3号艇金田諭選手が早めにホーム側に行ったこともあり、2号艇西山貴浩選手は難なく艇番通りの2コースを奪取。
そのままスローの2コースからスタートしました。

ピットアウトで遅れた西山貴浩選手でしたが、さすがのコース取りを見せました。
2017/08/30 (Wed) 17:07:43 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競艇】富樫麗加選手が今期3本目のフライングでF3に

本日の平和島競艇5Rで1号艇で出走した富樫麗加選手が.01のスリットオーバーでフライングを切りました。
富樫選手はこれが今期3本目のフライングでF3となりました。

8月25日に開幕しこの日シリーズの5日目を迎えた平和島競艇「GIII平和島レディースカップ」。
中盤の5Rで富樫麗加選手が最悪の勇み足となりました。

一般競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
今期これまでに2本のフライングを切り現在F2の富樫麗加選手が1号艇で登場しました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
イン1コースからの戦いとなった1号艇富樫麗加選手は3コース進入の3号艇新田有理選手とカド4コース進入の4号艇田村美和選手とともにかなり早いタイミングで飛び出しスタートは判定中に。
判定の結果、1号艇富樫麗加選手は.01のスリットオーバー。
フライングのため返還欠場となりました。

富樫麗加選手は3節前の芦屋競艇「ヴィーナスシリーズ 第6戦 西スポ杯争奪芦屋カップ」の7月13日の最終日9R一般、前々節の江戸川競艇「ヴィーナスシリーズ第7戦 江戸川JINROカップ」の7月22日のシリーズ5日目7R一般でそれぞれフライングを切っており、これが今期3本目のフライング。F3となりました。
2017/08/29 (Tue) 19:37:51 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競輪】青森競輪場の公式Twitterが今月末までに閉鎖

青森競輪場の公式Twitter(@keirin_aomori)が今月末までに閉鎖されることがわかりました。

「青森競輪場@公式」の名前で運営されていた青森競輪場の公式Twitterが8月23日に「*大事なお知らせ*」の書き出しでつぶやきを投稿。
「ちびもりんちゃん(@aoi_morin)アカウントとの統合により、当アカウントは、8月いっぱいをもちまして閉鎖とさせて頂きます。」と青森競輪イメージキャラクター「葵 萌輪(あおい もりん)」の子分的存在であるちびもりんちゃんのアカウントと統合するため青森競輪場の公式Twitterを8月31日に閉鎖することを発表しました。
続けて「永らくのご愛顧、誠に有難うございました。」と感謝の気持ちを綴り「今後はちびもりんちゃん(@aoi_morin)アカウントより情報を発信致します。」とこれからのことをファンに伝えました。
続くツイートでは「追記…“8月いっぱい”と記載させて頂きましたが、対応が完了次第、アカウントを削除させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。」と閉鎖が早まる可能性があることを示唆しました。

青森競輪場の公式Twitter(@keirin_aomori)は2015年12月10日に開設。
これまでに1700人以上のユーザーにフォローされていました。
2017/08/28 (Mon) 22:01:15 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競艇】1周1マークで吹っ飛ばされた古澤光紀選手が3着

本日の桐生競艇9Rで4号艇で出走し1周1マークで外に吹っ飛ばされた古澤光紀選手が追い上げて3着になりました。

ナイター競走で開催されこの日シリーズの3日目を迎えた桐生競艇「第39回デイリースポーツ杯」。
後半の9Rで古澤光紀選手が追走劇を見せました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
古澤光紀選手は4号艇で登場しました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形の進入となりました。
カド4コースからの戦いとなった4号艇古澤光紀選手は.15のトップタイミングでスタート。
内3艇がやや後手を踏んだこともあり1周1マークで一気に捲くって攻めましたが、2コース進入の2号艇泥谷一毅選手に着度外視の強烈なブロックをくらい大外に吹っ飛ばされました。
1周バックで5番手となってしまった4号艇古澤光紀選手。
お手上げかと思われましたが、レースはまだ終わっていませんでした。
2周1マークで前を行く1号艇上之晃弘選手をさばいて4番手に浮上した4号艇古澤光紀選手は3番手を航走していた5号艇伊藤紘章選手を猛追。
2周2マークで渾身の差しを入れホームで内から半艇身リードを奪い一気に逆転しました。
3周1マークでリードを広げた4号艇古澤光紀選手はそのまま3着でゴール。
絶体絶命のポジションからの逆転劇で舟券に貢献しました。
2017/08/27 (Sun) 21:06:51 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ