【競艇】原加央理選手が2年ぶりに勝利

本日の常滑競艇2Rは1号艇で出走した原加央理選手がインから逃げて1着になりました。
原選手はこれが2014年7月の大村競艇以来、約2年ぶりの勝利でした。

4日間の短期決戦で争われた常滑競艇「青海特別」。
シリーズ最終日となったこの日の2Rで久しぶりの勝利が生まれました。

一般戦となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
原加央理選手は1号艇で登場しました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり4対2の隊形で進入。
艇番通りのスロー1コースからの戦いとなった1号艇原加央理選手は.05の好タイミングでスタートしました。
1周1マークを先に回った1号艇原加央理選手はバックで4艇身ほど抜け出して単独先頭。
そのままトップを独走し1着でゴールしました。

勝った原加央理選手は2014年7月3日の大村競艇7Rを3号艇で制して以来、約2年ぶりの勝利となりました。
2016/07/05 (Tue) 21:11:24 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】118期やまとチャンプ板橋侑我選手が初勝利 | ホーム | 【競馬】シセイオウジ登録抹消
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |