【競艇】徳山競艇7R幸田智裕選手が急に失速 即刻帰郷

本日の徳山競艇7Rで6号艇で出走した幸田智裕選手がレース中に急に失速し失格となりました。

6日間シリーズの3日目を迎えた徳山競艇「山口マツダ周南東店 ファンタジー杯」。
中盤の7Rでアクシデントが起こりました。

後半最初の戦いとなった同レースは出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
大外6コースからの戦いとなった6号艇幸田智裕選手は.16の好タイミングでスタートし、1周1マークで捲くり差しバックで4番手争いの一角となりました。
この時点で前との差はわずか。
まだまだ上位を狙えるポジションでしたが、バックストレッチの中間点あたりで何の前触れもなく急に失速。
1艇だけ大きく離され最後方となりました。
ここから何とか少ずつボートを進めましたが、2マークを回ったところで先行艇に交わされ周回遅れに。
そのまま不完走のため失格となりました。

なお、幸田智裕選手はモーター管理規定違反のため即刻帰郷となっています。
2016/09/18 (Sun) 21:05:54 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】番手の鑑 近藤寛央選手が豪快ブロック | ホーム | 【競輪】富山競輪10R木暮安由選手 誘導の内側に強烈に切り込み画面から消える
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |