【競艇】児島競艇1R守屋大地選手がデビュー初勝利

101期の守屋美穂選手の兄で109期の守屋大地選手が、本日の児島競艇1Rで1着となりデビュー初勝利を挙げました。

1着 6号艇 守屋大地選手
2着 1号艇 東健介選手
3着 4号艇 中西長松選手
4着 3号艇 阪本勇介選手
5着 2号艇 末永由楽選手
6着 5号艇 井川真人選手

今や最上位のA1級に格付けされている守屋美穂選手の兄として2011年11月に児島競艇場で華々しくデビューしたものの、これまで1度も1着がなかった岡山の守屋大地選手が、ようやく待望の勝利を手に入れいました。

この日、初日を迎えた児島競艇「第39回岡山県モーターボート選手権大会」のオープニングレースの1R朝得ガァ~コ戦に6号艇で登場した守屋大地選手は、艇番通りの大外6コースから進入。
.01のトップスタートを決めると、1周1マークで内の5艇を一気に捲くってそのまま1着でゴールしました。
デビューから約1年2ヶ月、133走目でプロ初勝利を挙げました。
2013/01/02 (Wed) 20:51:38 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】唐津競艇6R4艇フライング+2艇タッチスタート | ホーム | 【競馬】名古屋競馬2Rツヴァイハンダー地方移籍初戦1着
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |