【競馬】中山競馬9R千葉日報杯 横山和生騎手勝利 親子で連覇

本日の中山競馬9R千葉日報杯は、横山和生騎手騎乗の4番ルナが1着になりました。
昨年の同レースを制した父の横山典弘騎手に続き親子で連覇となりました。

1着 4番 ルナ 横山和生騎手
2着 8番 オリエンタルジェイ 北村宏司騎手
3着 5番 フェスティヴタロー 田中勝春騎手
(4着以下省略)

数々のGIレースを制した名ジョッキー横山典弘騎手の息子として、2011年3月に騎手デビューしたJRAの横山和生騎手。
成績はまだまだ父に遠く及びませんが、この日の中山競馬9R千葉日報杯(1000万下)で1つその父に近づきました。

芝の1800m戦で行われた同レースで横山和生騎手騎乗の4番ルナは、9頭立ての単勝4番人気に支持されます。
レースでは、好スタートから押して前に出てハナを切って先行。
そのままマイペースで逃げると、最後の直線では逆に後続馬を引き離して1着でゴールしました。

鞍上の横山和生騎手は、昨年同レースをワールドブルーに騎乗して制した父・横山典弘騎手に続き、親子で同一競走連覇となりました。
2013/03/24 (Sun) 21:06:21 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
【競艇】福岡競艇1Rデビュー107連敗の高田綾選手初勝利 | ホーム | 【競馬】阪神競馬4Rエーシンジーライン入障初戦3着
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |