【競輪】伊東温泉競輪9R石井寛子選手が3連対を外す

104期の石井寛子選手が本日の伊東温泉競輪9Rに出走し4着に敗れました。
石井選手が3連対を外すのはこれがデビュー以来2回目。

昨年5月のデビュー以来、圧倒的な強さで勝利を量産し、102期の加瀬加奈子選手らと共にガールズケイリンを牽引してきた東京の石井寛子選手。
これまで3連対を外したのは1度だけでしたが、再び車券圏外となりました。

2月7日に開幕した伊東温泉競輪(FII)はこの日シリーズの最終日を迎えました。
後半の9Rにはガールズケイリンの決勝戦が組まれました。

初日3着、2日目1着で決勝に勝ち上がった石井寛子選手は同レースに6番車で登場しました。

レースはジャンから先頭に出た4番杉沢毛伊子選手が主導権を握って先行。
6番石井寛子選手は珍しく後方に置かれる苦しい展開となると、最後の直線での外からの追い込みも届かず4着でゴールしました。
石井選手が3連対を外したのはデビュー以来2回目の出来事でした。
2014/02/10 (Mon) 21:29:27 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top
【競艇】2/11鳴門競艇2R-10R2号艇が9レース連続2着 | ホーム | 【競馬】東京競馬8R高野和馬騎手が3年ぶりに平地競走に騎乗
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |