【競艇】下関競艇8Rデビュー193連敗の吉田祐貴選手が初勝利

デビューから193連敗中だった111期の吉田祐貴選手が、本日の下関競艇8Rで1着になりプロ初勝利を挙げました。

2012年11月のデビュー以来1度も1着がなかった吉田祐貴選手がついにその時を迎えました。

4月11日に開幕しこの日シリーズの最終日を迎えた下関競艇「新東通信杯」。
後半2つ目のレースとなった8R一般に吉田祐貴選手は6号艇で登場しました。

このレースがシリーズラストランとなった6号艇吉田祐貴選手は、スタート展示と同様に大外6コースから進入。
.18のトップスタートを決め1周1マークで内の5艇を一気に捲くってバックで単独先頭に立ちました。
後はそのままトップを守り1着でゴール。

デビューから1年5ヶ月、194走目にして水神祭となるプロ初勝利を挙げました。
2014/04/15 (Tue) 20:48:01 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】加藤慎平選手は「トレーニング」のことを「レッスン」と呼んでいるらしい | ホーム | 【競輪】伏見俊昭選手1年2ヶ月ぶりにつぶやく
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |