【競馬】東京競馬7R大庭和弥騎手が1年4ヶ月ぶりに勝利

JRAの大庭和弥騎手が本日の東京競馬7Rで約1年4ヶ月ぶりに1着になりました。

ダートの1400m戦で争われた東京競馬7R3歳上500万下。
一人の男が久しぶりの美酒に酔いました。

牝馬限定戦となった同レースは出走表通りの16頭が出走して争われました。
レースは単勝8番人気に支持された13番サクラフローラがハナを切って先行。
2番手につけた大庭和弥騎手騎乗で同3番人気の14番ホワイトプラネットは好位でレースを進めると、最後の直線で13番サクラフローラとの激しい叩き合いを制して1着でゴール。
鞍上の大庭和弥騎手騎乗は、2013年7月6日福島競馬11R天の川ステークス(1600万下)をメイショウサミットで制して以来、約1年4ヶ月ぶりの勝利となりました。
2014/11/08 (Sat) 21:32:50 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
【競輪】後閑信一選手が「スーパーカー」への思いを熱く語る | ホーム | 【競艇】多摩川競艇10R5艇フライング
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |