【競馬】中山競馬2R小野寺祐太騎手が3年2ヶ月ぶりに勝利

JRAの小野寺祐太騎手が本日の中山競馬2Rで6番トーセンスパンキーに騎乗して1着となりました。
小野寺騎手の勝利は約3年2ヶ月ぶりでした。

長らく低迷していた一人の中堅ジョッキーにようやく光が射しました。

ダートの1800m戦で争われたこの日の中山競馬2R3歳未勝利。
16頭立てで争われた同レースにJRA美浦の小野寺祐太騎手は6番トーセンスパンキーとのコンビで登場しました。

レースは内田博幸騎手騎乗で単勝3番人気に支持された5番ウインオリファンがハナを切って先行。
同5番人気に支持された6番トーセンスパンキーは中団でレースを進めると、早めに先団に進出。
最後の直線では同1番人気の8番カズノテナンゴとの叩き合いを制して1着でゴールしました。

鞍上の小野寺祐太騎手は2011年11月20日新潟競馬8R3歳上500万下をフェブスカイで勝って以来、約3年2ヶ月ぶりの勝利でした。
2015/01/18 (Sun) 21:30:28 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
【競馬】5年超出走歴なしのライラックノユメが登録抹消 | ホーム | 【競輪】奈良岡彩子選手の髪型が「こけし」みたいになったらしい
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |