【競艇】桐生競艇12R椎名豊選手が初優出初優勝

本日シリーズの最終日を迎えた桐生競艇は最終の12Rで優勝戦が行われました。
レースは1号艇で出走し、これが初の優勝戦となる椎名豊選手がインから逃げて1着。
見事に初優出初優勝を達成しました。

9月24日から28日まで5日間シリーズで争われた桐生競艇「第8回マクール杯」。
地元の椎名豊選手が大仕事をやってのけました。

3日目までの予選、そして昨日の準優勝戦を勝ち上がり、本日の優勝戦に1号艇で登場した椎名豊選手。
艇番通りのイン1コースから進入し.04のトップスタートを決めました。
このまま初優勝に向けて一直線かと思われましたが、1周1マークでカド受けの3号艇渡辺浩司選手に捲くられバックでリードを許す苦しい展開となりました。
しかし何とか内から舳先をかけると、続く1周2マークで好旋回から逆に2艇身リードを奪い単独先頭に浮上。
そのままトップを独走し1着でゴールしました。

勝った椎名豊選手はこれがデビュー初優出で初優勝でした。
2015/09/28 (Mon) 21:25:14 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】瀧川千依選手が車の免許を取得 | ホーム | 【競馬】阪神競馬9R未勝利のゴウキが1000万特別で3着
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |