【競艇】江戸川競艇12R福来剛選手 節分の日に福が来た!

本日2月3日にシリーズの最終日を迎えた江戸川競艇は最終の12Rで優勝戦が行われ、1号艇で出走した福来剛選手がインから逃げて1着となりました。
艇界一節分が似合う名前の選手がシリーズを締めくくりました。

1月29日から2月3日まで6日間シリーズで争われた江戸川競艇「第14回日本モーターボート選手会会長賞」。
節分の日の2月3日に最終日を迎えた同開催を制したのはやはりあの男でした。

今開催最後の戦いとなった12R優勝戦は出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
イン1コースからの戦いとなった1号艇福来剛選手は.11のトップタイミングでスタートすると、1周1マークを先に回ってバックで2艇身抜け出しました。
2番手以降の激しい競り合いをよそに1号艇福来剛選手はぐいぐいトップを独走。
そのまま1着でゴールしました。

2月3日の節分の日に今年初優勝。
まさに名前の通りに福が来た結果となりました。
2016/02/03 (Wed) 20:43:04 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】仲口博崇選手がTwitterを始める | ホーム | 【競艇】住之江競艇11R伊藤将吉選手 消波装置の上に立ち上がる
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |