【競輪】久留米競輪1R伏見俊昭選手が自力で捲くって1着

本日の久留米競輪1Rで4番車で出走した伏見俊昭選手が自力で捲くって1着になりました。

昨日2月11日に開幕しこの日シリーズの2日目を迎えた久留米競輪(GI)「読売新聞社杯全日本選抜競輪」。
オープニングレースの1RS級特一般で伏見選手が復活劇を演じました。

昨日の一予選で敗れた選手による戦いとなった同レースは菅田壱道選手が欠場し8車立てで行われました。
レースは中近ラインの先頭を任された8番古性優作選手が突っ張って前を譲らずそのまま先行しました。
北日本ラインの前を任せる筈だった1番菅田壱道選手が欠場し単騎での戦いとなった4番伏見俊昭選手は中団の5番手をキープ。
最終周回バックから仕掛けると、横に振られながらも懸命な捲くり。
最後の直線で一気に抜け出し1着でゴールしました。

菅田壱道選手が欠場し大ピンチに陥った伏見俊昭選手。
往年の走りを彷彿とさせる自力捲くりで勝利を手にしました。
2016/02/12 (Fri) 21:12:40 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top
【競艇】関浩哉選手がTwitterをまた始める | ホーム | 【競艇】尼崎競艇6R吉川昭男選手vs吉川喜継選手 兄弟対決は兄F、弟転覆
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |