【競艇】金光佑治選手が初勝利

デビューから403連敗中だった111期の金光佑治選手が本日の多摩川競艇1Rに1号艇で出走し1着となりました。
金光選手はこれがプロ初勝利。

6日間シリーズの2日目を迎えた多摩川競艇「関東・近畿・九州地区対抗戦マクール杯」。
オープニングレースの1Rで大大大金星が生まれました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
水神祭に向けて戦いが続いていた金光佑治選手は1号艇で登場しました。

デビュー以来初めての1号艇での出走となった金光佑治選手は枠を主張し艇番通りのスロー1コースから進入。
.18のタイミングでスタートすると1周1マークを先に回ってバックで単独先頭に立ちました。
道中後続艇に差を詰められるシーンもありましたが、なんとかトップを死守。
そのまま1着でゴールしました。

勝った金光佑治選手は2012年11月19日に住之江競艇場でプロ初出走。
デビューから3年7ヶ月以上勝ち星がなく403連敗中でしたが、404走目にしてついに悲願の初勝利となりました。
2016/06/23 (Thu) 11:33:07 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】弥彦競輪7R加瀬加奈子選手が復帰2着 | ホーム | 【競輪】加瀬加奈子選手が24日の弥彦で復帰
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |