【競艇】安河内将選手が初優出初優勝

平和島競艇場で開催中の「第19回日本財団会長杯」は本日シリーズの最終日を迎えました。
最終の12Rでは優勝戦が行われ1号艇で出走した安河内将選手が逃げて1着になりました。
安河内選手は初優出で初優勝となりました。

9月22日から26日まで5日間シリーズで争われた「第19回日本財団会長杯」。
最終日となったこの日、安河内将選手がこれまでの人生で最高の日を迎えました。

初日から出場した安河内将選手は予選の5走を1着4回、2着1回のパーフェクト連対で突破。
昨日4日目の準優勝戦もインからしっかりと逃げて、初優出を決めました。
1号艇での出走となた本日シリーズ最終日の優勝戦でも1コースからしっかりと逃げて1着。
初優出初優勝を達成しました。
2016/09/26 (Mon) 22:11:32 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】3着の北野武史選手 豪快にガッツポーズ | ホーム | 【競馬】2013年朝日杯1番人気 アトム登録抹消
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |