【競艇】フライングした立具敬司選手 1周1マークで豪快に転覆

本日の三国競艇4Rで6号艇で出走した立具敬司選手がスタートでフライングを切り、さらに1周1マークでターンマークに接触し豪快に転覆しました。

この日シリーズの初日を迎えた三国競艇「マクール杯」。
SGの裏で一人の男がハッスルしていました。

予選競走となった4Rは出走表通りの6艇が出走。
その男・立具敬司選手は6号艇で登場しました。

レースでは艇番通りの大外6コースから進入。
トップタイミングでスタートしましたが、惜しくも.02のスリットオーバーでフライングとなりました。
さらに1周1マークで際どい所を攻めましたが、これも裏目。
ターンマークに接触し転覆してしまいました。

初日から出場した立具敬司選手でしたが残念な結果に終わりました。
なお、この影響か立具敬司選手は初日で帰郷しています。
2016/11/25 (Fri) 21:08:57 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】小林優香選手 復帰後初めて勝利を逃す | ホーム | 【競輪】浅井康太選手がTwitterを始める
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |