【競馬】1番人気のグレイスフルデイズ スタート直後に落馬も人気に応え先頭で入線

本日の高知競馬7Rで単勝1番人気に支持された6番グレイスフルデイズがスタート直後に騎手が落馬しなたにもかかわらず、空馬の状態で先頭でゴール板を通過しました。

ダートの1600m戦で争われたこの日の高知競馬7R年越しそば特別。
グレイスフルデイズが競走馬の本能を見せました。

本日唯一のマイルでの戦いとなった同レースは3番ブラックビューティが疾病のため出走を取り消し9頭立てで争われました。
レースはスタート直後にアクシデントが発生。
単勝1番人気に支持された宮川実騎手騎乗の6番グレイスフルデイズがゲートを出るか出ないかのタイミングで落馬してしまいました。
もちろんこの時点で競走中止となりますが、馬にそんなことは関係ありませんでした。
空馬となった6番グレイスフルデイズは最後方からグングンと追い上げ先頭に。
そのままレースを引っ張り最後の4コーナーを先頭でカーブすると、直線でも後続の追い込みを完全に押さえ先頭でゴール。
馬は見事にファンの期待に応えました。

なおレースは2番目にゴール板を通過した同2番人気の9番マイネルハルカゼが1着となっています。
2016/12/31 (Sat) 22:40:05 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
【競艇】常滑競艇9R5選手が失格 | ホーム | 【競艇】倉持莉々選手がブログを始める
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |