【競輪】小野俊之選手 20年ぶりのA級レース初戦は3着

松山競輪場で開催されるFIIシリーズは本日シリーズの初日を迎えました。
最終の12RにはA級初日特選が組まれ2004年の賞金王・小野俊之選手が1番車で登場しました。
小野選手にとって約20年ぶりのA級戦は3着でした。

1月9日から11日までナイター競走で争われる松山競輪(FII)「愛媛新聞社杯 松山競輪誕生記念」。
シリーズ初日を迎えた本日の最終レースにその男の姿がありました。

2004年の競輪グランプリを制し同年の賞金王に輝いた77期の小野俊之選手。
今期からA級に降格した同選手は出走表通りの9車立てで行われた同レースに1番車で登場しました。

その尾の選手、並びは同じ九州の6番小川賢人選手の後ろとなりライン3車の番手回りとなりました。
レースはその6番小川賢人選手がジャン前で先頭に出てそのまま風を切って先行。
番手の1番小野俊之選手はこれをしっかりと追走し、最終周回バックで番手まくりを敢行しました。
勝利への飽くなき執念の走りを見せた1番小野俊之選手でしたが、最後直線で外から7番大崎飛雄馬選手と2番清水裕友選手の2選手が強襲。
わずかに交わされ3着に敗れました。

1997年7月以来、約20年ぶりのA級戦となった小野俊之選手でしたが、残念な結果に終わりました。
2017/01/09 (Mon) 21:19:33 | カテゴリー:競輪 | コメント(2) | page top
【競艇】産休中の土屋千明選手が復帰に向けてトレーニングしている模様 | ホーム | 【競輪】新山響平選手が「シンザン記念」で「キョウヘイ」の馬券を買って的中させる
コメント
小野さん降格初場所で優勝は貫禄ですね。
by: TAD * 2017/01/11 20:50 * URL [ 編集] | page top
>TADさん
役者が違いましたね。
ジャン過ぎの頭突きはさすがでした。
by: 管理人 * 2017/01/11 21:44 * URL [ 編集] | page top

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |