【競艇】「SG覇者vsフレッシュルーキー」中島孝平選手が貫録勝ち

本日の唐津競艇9Rで行われた「SG覇者vsフレッシュルーキー」は1号艇で出走した中島孝平選手がインから逃げて1着となりました。
SG覇者が貫録勝ちとなりました。

佐賀県にある唐津競艇場で2月24日に開幕した「GII唐津モーターボート大賞」はこの日シリーズの5日目を迎えました。
後半3レースに準優勝戦を控えた9Rでは「SG覇者vsフレッシュルーキー」と銘打った企画レースが行われました。
メンバーはSG覇者が中島孝平選手、高橋勲選手、中村有裕選手の3名、フレッシュルーキーが松尾充選手、大山千広選手、山田祐也選手の3名。

レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
イン1コースからの戦いとなった1号艇中島孝平選手はスタートは.25とあまりよいタイミングではありませんでしたが、1周1マークを先に回ってバックで3~4艇身前に出ました。
こうなれば1号艇中島孝平選手がトップを独走。
そのまま1着でゴールしました。

「SG覇者vsフレッシュルーキー」は2010年の賞金王決定戦を制したSG覇者の中島孝平選手が勝利を収めました。

Comments 0

Leave a reply