【競艇】5番手で2周目に入った長嶋万記選手追い上げて2着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本日の蒲郡競艇8Rで2周目に入った時点で5番手だった1号艇長嶋万記選手が追い上げて2着になりました。

愛知県にある蒲郡競艇場でナイター競走で争われこの日シリーズの最終日を迎えた「GIII オールレディース 第8回 夜の女王決定戦」の8R一般戦は出走表通りの6艇が出走して争われました。
1号艇での登場となった長嶋万記選手は艇番通りのスロー1コースから進入し.15の好タイミングでスタートして1周1マークを先に回りましたが、バックで2号艇今井裕梨選手と4号艇渡辺千草選手に内に入られる厳しい展開。
続く1周2マークで思い切って握って回る1号艇長嶋万記選手でしたが、膨らみすぎて消波装置ギリギリまで流れてしまい失速。
1周目を終わった時点で5番手まで後退しました。
しかしここから本領を発揮。
2周1マークで4番手を走る5号艇柳澤千春選手の内を差してバックでリードを奪うと、2周2マークで3番手を走る3号艇原加央理選手を追い抜き3番手に浮上しました。
3周1マークで好旋回を見せた1号艇長嶋万記選手はバックで2番手を走る2号艇今井裕梨選手に内から半艇身差に迫ると、最終ターンマークで逆転。
2着でゴールしました。

長嶋万記選手が2周目を5番手で迎えながらも連対を果たしました。

Comments 0

Leave a reply