【競艇】宮地元輝選手がすごい勢いで前付け

佐賀県にある唐津競艇場で開催された「GI全日本王者決定戦(開設65周年記念)」は本日シリーズの最終日を迎えました。
最終の12Rで優勝戦が行われ6号艇での出走となった宮地元輝選手がすごい勢いで前付けに動きました。

4月3日に開幕しこの日6日間シリーズの最終日を迎えた唐津競艇「GI全日本王者決定戦(開設65周年記念)」。
シリーズを締めくくる一戦となった12R優勝戦は出走表通りの6艇が出走して争われました。
スタート展示で前付けに動き4コースまで入っていた6号艇宮地元輝選手。
本番レースでも動きを見せましたが、スタート展示にもましてその動きがパワーアップ。
オレンジブイ付近から握って勢いを増すと、そのままほぼスピードを落とすことなくホーム側へ。
そしてすごい勢いで一直線にイン取りに動きました。
1号艇前本泰和選手が抵抗し1コース奪取とはなりませんでしたが、スタート展示より2つ内の2コーススローからの戦いとなりました。

なお6号艇宮地元輝選手はレースではスタートで.05のスリットオーバーとなり、フライングのため返還欠場となっています。

Comments 2

zzz

あそこから斜め進入とかありえん
結局2コースになったから実質お咎め無し(その後の右転蛇による待機違反とフライングは前本と同じ)で済ませたらダメだろ

再発防止策は必要になるだろう・・・

2018-04-11 (Wed) 06:32 | EDIT | REPLY |   

管理人

>zzzさん
コメントありがとうございます。
優勝戦ですしやったもん勝ちのところはありますね。

2018-04-11 (Wed) 21:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply