【競艇】杉山裕也選手トップスタートから捲くるも1マークを通り過ぎて画面から消える

本日の戸田競艇4Rで4号艇で出走した杉山裕也選手がトップスタートから1周1マークで捲くろうとしましたが、ターンマークを通り過ぎ画面から消えてしまいました。

埼玉県にある戸田競艇場で4月22日に開幕しこの日シリーズの4日目を迎えた「第34回日本モーターボート選手会会長賞」の前半4R予選は出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
カド4コースからの戦いとなった4号艇杉山裕也選手は.11のトップタイミングからスタートし内の3艇をしぼりに行きました。
しかし捲くろうとした1周1マーク手前でボートの後方が他艇と接触。
ボートの向きが急に変わり1マークの奥側に。
ターンマークを通り過ぎてしまい画面から消えてしまいました。

なお4号艇杉山裕也選手は航走を継続。
最下位の6着ながら完走しています。

Comments 0

Leave a reply