【競艇】中村桃佳選手準優2着も中村晃朋選手4着で優勝戦での兄妹対決ならず

香川県にある丸亀競艇場で開催中の「安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞」は本日シリーズの5日目を迎え、後半の9Rから11Rまでの3レースで準優勝戦が行われました。
9Rでは中村桃佳選手が2着となり優出を決めましたが10Rに出走した中村晃朋選手は惜しくも4着。
優勝戦での兄妹対決実現とはなりませんでした。

4月26日から5月1日まで6日間シリーズで争われる丸亀競艇「安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞」。
地元の兄妹レーサーの中村晃朋選手と中村桃佳選手が揃って出場しました。

シリーズ4日目までの予選で4勝を上げた兄の中村晃朋選手は余裕の準優出。
一方、妹の中村桃佳選手も2勝を上げこちらも準優出を決めました。
迎えたシリーズ5日目。
先に準優勝戦に登場したのは妹の中村桃佳選手。
この日1つ目の準優勝戦となった9Rに4号艇で出走すると、カド4コースから1周1マークで差して2着となり一足先に優勝戦への勝ち上がりを決めました。
兄の中村晃朋選手はこの日2つ目の準優勝戦となった続く10Rに2号艇で登場。
前付けに抵抗し艇番通りのスロー2コースを守りましたが、道中の2番手争いに敗れジエンド。
残念ながら4着となり優出を逃しました。

優勝戦での中村晃朋選手と中村桃佳選手の兄妹対決は今節はおあずけとなりました。

Comments 0

Leave a reply