【競艇】事故率がなんたらかんたらと言われていた田口節子選手結局優出

滋賀県にあるびわこ競艇場で開催中の「G3オールレディース ビーナスちゃんカップ」は本日シリーズの5日目を迎え、後半の3レースで準優勝戦が行われました。
前期、事故率がいっぱいいっぱいだった田口節子選手が12R準優勝戦に出走し2着。
最終日の優勝戦出場を決めました。

4月28日から5月3日まで6日間シリーズで争われるびわこ競艇「G3オールレディース ビーナスちゃんカップ」。
シリーズ前苦戦を強いられることが懸念れた田口節子選手がいい意味で予想を裏切る結果を出しています。

事故率オーバーによるB2級降格回避に向け4月中は安全運転が必要だった田口節子選手。
4月28日、29日、30日のシリーズ3日目までの予選は5着、6着、2着、4着、2着の成績で何とか予選突破圏内に残りました。
5月になり足枷が取れた予選最終日のシリーズ4日目は2回走りで1着と4着。
見事に予選を通過し準優勝戦進出を決めました。
そして本日シリーズ5日目。
この日最後の準優勝戦となった12Rに5号艇で登場した田口節子選手は艇番通りの5コースダッシュから進入し.14のタイミングでスタートすると、1周1マークで握って攻めバックで3艇の2番手争いの真ん中となりました。
続く1周2マークでも握って攻めた5号艇田口節子選手。
これが見事に決まりホームで単独2番手となりました。
大きくリードを奪った5号艇田口節子選手はそのままのポジションをキープ。
2着でゴールし明日シリーズ最終日の優勝戦勝ち上がりを決めました。

Comments 0

Leave a reply