【競艇】渡邊佳子選手が1日で2回の2連対を果たす

105期の渡邊佳子選手が本日の平和島競艇で1着と2着に各1回ずつなり、1日で2回の2連対を達成ました。

東京都大田区にある平和島競艇場で昨日5月4日に開幕し、この日シリーズの2日目を迎えた「G3平和島レディースカップ」。
勝率2点代前半と大きく低迷している渡邊佳子選手はこの日1Rと6Rの2回走りとなりました。

まず前半の1R予選に渡邊佳子選手は3号艇で登場。
艇番通りのスロー3コースから進入し.12のタイミングでスタートすると1周1マークで捲くってバックで2番手となりました。
後ろから人気の4号艇金田幸子選手の追い上げもなんのその、そのまま2着でゴールしました。
続く後半6R予選には2号艇で登場。
艇番通りの2コーススローから.08のタイミングでスタートし1周1マークで差してバックで先頭争いの内側となりました。
1周2マークで粘る1号艇清埜翔子選手からリードを奪った2号艇渡邊佳子選手はトップを航走。
最後大きく詰め寄られるシーンもありましたが何とか耐えて1着でゴールしました。

渡邊佳子選手はこの日2回走りで1着と2着。
1日で2回の2連対を果たす活躍を見せました。

Comments 0

Leave a reply