【競艇】宮地佐季選手が2年4ヶ月ぶりに1着

本日の丸亀競艇2Rで1号艇で出走した宮地佐季選手が1コースから逃げて1着になりました。
宮地選手は2016年1月の常滑競艇以来、約2年4ヶ月ぶりの勝利となりました。

香川県にある丸亀競艇場で5月4日に開幕しこの日シリーズの4日目を迎えた「四国アイランドリーグplus杯」の前半2R一般に宮地佐季選手は1号艇で登場しました。
レースでは艇番通りのイン1コースから進入。
.13のトップタイミングでスタートし1周1マークを先に回ってバックで3艇身前に出ました。
徐々にリードを広げた1号艇宮地佐季選手はトップを独走。
そのまま1着でゴールしました。

勝った宮地佐季選手は2016年1月27日の常滑競艇「ヴィーナスシリーズ第11戦常滑シンデレラカップ」初日1R予選で1着になって以来、約2年4ヶ月ぶりの勝利となりました。

Comments 0

Leave a reply