【競艇】デビューから476連敗の後藤麦選手1周バック先頭も初勝利ならず

現在デビューから476連敗中の後藤麦選手が本日の児島競艇3Rに1号艇で出走し1周バックストレッチで単独先頭に立ちましたが、道中6号艇塩田雄一選手に交わされ2着となり、またもや初勝利を逃しました。

2014年5月に尼崎競艇場でデビューしてからこれまで1度も1着がなく現在476連敗中の後藤麦選手。
水神祭に向けての戦いが続いている後藤選手が、この日シリーズの3日目を迎えた児島競艇「マクール杯」の3R予選に1号艇で登場しました。

レースでは艇番通りのスロー1コースから進入。
.17のトップタイミングでスタートした1号艇後藤麦選手は1周1マークでカドから捲くってきた4号艇菊池宏志選手をブロックしながら好旋回。
バックストレッチで4艇身抜け出し単独先頭に立ちました。
苦節4年。
ついにその日が来たかと思われましたが競艇の神様は今日も後藤麦選手に微笑みませんでした。
続く1周2マークで2番手を走る6号艇塩田雄一選手に2艇身差に詰め寄られると、2周1マークで差しを入れられバックで内から半艇身差まで迫られました。
そして2周2マーク。
6号艇塩田雄一選手に逆転を許し1号艇後藤麦選手は2番手に後退。
そのまま2着でゴールし、夢の水神祭はまたもやお預けとなりました。

Comments 0

Leave a reply