【競艇】重冨勇哉選手デビュー戦で妨害失格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本日の下関競艇2Rで6号艇で出走した重冨勇哉選手が妨害のため失格になりました。
重冨選手はこのレースがデビュー戦でした。

山口県にある下関競艇場でこの日開幕した「COME ON!FM CUP」の2R予選にルーキーの重冨勇哉選手が6号艇で登場しました。
このレースがデビュー戦となる6号艇重冨勇哉選手は艇番通りの大外6コースから進入。
.14のトップタイミングでスタートし1周1マークで最内を差してバックで3番手争いの1艇となりました。
続く1周2マークで思い切って内側に潜り込んだ6号艇重冨勇哉選手でしたが、これは明らかにオーバースピード。
先頭を走る1号艇柳瀬興志選手にダンプする形となり失速すると、これを避けようとした5号艇多羅尾達之選手が後方から接触し転覆するアクシデントとなりました。
6号艇重冨勇哉選手自身は無事のように見えましたが、直後に妨害のため失格となりました。

このレースがプロとして初めてのレースとなった重冨勇哉選手。
厳しい選手生活のスタートとなりました。

Comments 0

Leave a reply